Skip to content

無垢のベッドにも天然木と集成材がある

自然素材や無垢材のメリットを前面に打ち出し、他のベッド会社と差別化を図る会社が多いが、天然木では、強度や防火性能、吸音効果、断熱保温性、調湿能力、などに優れた性能を持っており、ベッドの素材に無垢材が使われているので、これらの性能も同時に発揮する事が出来る。集成材の原料になる板は、人工乾燥と天然乾燥でよく乾燥させ、含水率を15%以下にし、木材特有の腐れや割れなどを取り除いているので、ベッドの割れや反り、ねじれなどがありません。なので、長く使える木材で作られたベッドです。天然木に比べて、強度や品質が安定しているので、強度の性能が工学的により保証されています。「どうしても価格中心だ」なんていうこだわりがなければ、無垢材の方が強度はあり、品質も安定し、木が割れる事も心配する必要がありません。

ベッドの素材で無垢材を使用している魅力

無垢材を使ったベッドの魅力は、非常に丈夫で長く使えます。ソリッド材料である無垢材は、贅沢に木の厚みを贅沢に使えるので、強度にも優れています。なので、破損や故障の不安を感じながら使うといった事も無く、安心して体を休める事が可能です。無垢材のベッドの耐久度であれば、何年何十年といった長いスパンで使う事も可能です。なので、自分だけでなく、子供や、下の世代までにわたって使い続ける事が出来ます。無垢材を使用しているベッドは「天然木」を使っていて、天然木には独特な温かみがあり、部屋の中をリラックスさせる効果も持ち合わせています。大量生産に適している木に比べて天然木は高くなってしまいます。ですが天然木の安心感と温かみは、睡眠をより心地いいものにしてくれるので、ベッドの材料として無垢材を使っているものはおすすめです。

ベッドを長く使いたいのであれば無垢材のベッド

ベッドには、求められるものが多いです。木が折れないか、ばねが弱くならないか、安心感があるかなど。それらの基本となっているものが無垢材を使っているベッドです。もちろんベッドのクッションも大事ですが、土台として、天然の無垢材の木がある事により耐久度や保温性があがり、クッションの効果も倍増されるわけです。木に一度こだわってみて下さい。木の安心感は本当に素晴らしいです。安いものでも、もちろん長く使えるものはあるでしょうが、ごく一部の木ではないでしょうか。やはり長い目で見ると、天然な無垢材を使った木を使った方がベッドを修理する事も無く安心して寝られるのでコストパフォーマンスも良くなります。安いものですと、修理や、買い替えのスパンが早くなったり、どこかが故障してしまうと気持ちよく寝る事もままなりません。