Skip to content

無垢のベッドをネットで探してみる

今人気がある無垢材のベッド。ネットで検索するといろんな家具屋さんの通販で購入できるものがあります。無印良品ネットやニトリ公式通販。家具専門店から、楽天やアマゾンなどのいろんなお店が通販しているのを見比べられるようなサイトでも販売しています。ベッドは1日の疲れを癒すためにとても大切なものですよ。それを見たこともなく、そのままネットで買うのは不安という方には、楽天やアマゾンの購入した方の口コミがあるところの方が安心ですよね。日常生活が忙しくて閉店時間の早い家具屋さんに行けなかったり、ネットで見つけたお気に入りのフレームがある家具屋さんがとても遠かったりします。でも、ネットでの購入なら自宅や出先でもスマートフォンやパソコン、携帯があれば購入できてしまうのも魅力ですよね。頑丈で、しっかりとした造りの無垢のベッド。今のベッドを買い替えようかなと思っている方にぜひおすすめです。

無垢のベッド、の「無垢材」とは?

合材などではなく、丸太から使用する形状に切り出したものをいいます。割れてしまったり、ひびが入りやすかったりもするが、天然の木材の風合いや特性を持っているので、室内の湿度の調整なども働きなどもあるので、ベッドとしては最適な材質です。丸太からそのまま利用するため、接着剤などを一切使用していません。なので、化学物質が含まない自然素材であることからも近年ベッドだけではなく、テーブルや床なんかでも人気があります。また、湿気の多い日は水分を吸水してくれて、湿気が少なく乾燥しているような日には水分を放出し湿度を一定に保とうとします。また、無垢材はコンクリートの倍断熱性があります。日本は、夏は湿気が多く、冬は乾燥するため、夏は涼しくなり、冬は暖かくなるので日本では最適な材質ですね。

無垢材ベッドのメリット、デメリット・お手入れ方法

無垢材のベッドだけではなく無垢材を使用している家具や床にも言えることですが、メリットとしては自然の木を使用しているため、長く使っていけば使っていくほど、経年変化で木の独特な風合いがでてくることでしょう。重圧感があり、頑丈なので一度購入したら、長く知ろうすることができることもメリットですね。ただ、デメリットとしては合材などよりも価格が少々高めになります。あとは、重圧感があるので重たいです。湿気などを感じ、吸水・放出をするため、反りが出てしまうことがあります。お手入れ方法としては、定期的に布団をあげて、フレームだけの状態にしてあげてください。確かに湿気を吸水する働きはありますが、ずっと布団を置きっぱなしにしてしまいますとカビなどが生えやすい状態になってしまいます。

ファミリー層など小さなお子様がいらっしゃるご家族様にも大変ご支持いただいております。 様々なサイズ展開により空間に合わせる事ができます。 ベッド下の収納はあえて設けず、あくまでも湿気の籠らない構造にすることで、カビを防ぐ健康のためを考えたフレーム構造です。 家具販売において、工場直営店開店より全国5万件以上のお客様にご愛用いただいております。 木材や張地のサンプルを無料で貸出し致します。 無垢のベッドをお探しなら家具蔵(カグラ)